網の目のように、全国に整備が進んできた高速道路。NEXCOが管理する有料の区間だけではなく、地方では様々な形で建設された無料区間も生まれ、高規格道路のネットワークが充実してきています。今回は、中国自動車道の落合JCTから三次東ICまで、米子道、山陰道、松江道を経由する周遊ドライブに出かけてみました。前編で到着した、松江玉造本線料金所(TB)からの続きです。

★↓前編の記事は、こちらをどうぞ↓★

http://mainblog.iso4z.com/?eid=18

こちらは宍道湖SAに掲げられている案内図です。無料区間も含めて、一体化した高速道路として赤線で示されています。山陰道は次第に延伸が進んでおり、一直線に走れる区間も長くなってきました。

宍道湖SA(※105.5km)からは、宍道湖も望むことができます。無料区間では、基本的にサービスエリアなどの施設がありませんので、ここは小さいながらも貴重なサービスエリアとなっています。

※距離は全て前編からの続き、落合JCTからのものです※

そして宍道JCT(118.6km)です。ここから松江自動車道が分岐。

直進が出雲方面への山陰道、松江自動車道は左へ分岐。

松江自動車道は2003年(平成15年)に宍道JCTから三刀屋木次(みとやきすき)ICまでが開通しました。そして、その三刀屋木次ICまでが有料区間となっています。

追い越し可能な区間は少なく、対面区間が続きます。

加茂岩倉PA(122.0km)を通過。松江自動車道、唯一のPAです。

中国山地へ向かって、山間を進む高速道路。交通量は多くはありません。

そして三刀屋木次TB(129.0km)に到着。ここは本線料金所となっており、有料区間はここで終了。ここから先は無料区間となります。

ここから先は、2012年(平成24年)以降に開通した区間。9年間に渡って松江自動車道は、ここが終点となっていました。当時は本線料金所ではなく、通常のICとしての料金所となっており、この先も有料区間としての松江自動車道が予定されていたと考えられます。

しかし、ここから先は新直轄方式と呼ばれる方式で建設されたため、松江自動車道は無料で走れる道となりました。NEXCOの有料区間として開通しても採算が合わないと判断された区間を、公的資金で整備したもので、ここから中国自動車道に接続する三次東ICまで無料となっています。

無料区間には、PA、SAがありません。IC近くに設置されている道の駅を利用する形となります。無料区間ですので、途中のICで出入りしても、もちろん料金所はありません。ガソリンスタンドも一般道のものを利用する形となりますので、ガス欠にならないよう注意が必要です。

そして道は長いトンネルへ。

大万木(おおよろぎ)トンネル(4,878m)です。こちらは中国地方最長のトンネル。

島根県から広島県に入りました。

島根県側より、少し緩やかな山容となり、三次方面へ。

高野IC(161.4km)にも、道の駅が併設。

高速道路上からも、道の駅「たかの」を見ることができました。この付近は、2013年(平成25年)3月30日に開通。松江自動車道の全線開通により、広島・島根間の交通事情は大幅に改善されました。

そして、遂に中国自動車道の表示が。尾道自動車道の表示もあり、こちらも新直轄方式での無料高速です。2015年(平成27年)に山陽自動車道尾道JCTまで全線が開通しました。

三次東JCT(190.2km)で、中国道方面と、尾道道方面に分岐。

中国道方面は、いったん高速を降りるような構造となっており、そのまま中国自動車道の三次東ICに直結しています。

そして、再び中国道へ。

中国自動車道を落合JCTから三次東ICまで、そのまま走ってくれば113.6kmのところ、山陰への回り道ルートで190.2km。無料区間と有料区間が細切れに交互に連続する、岡山県−鳥取県−島根県−広島県とつなぐ、周遊ドライブルートでした。

★↓前編の記事は、こちらをどうぞ↓★

http://mainblog.iso4z.com/?eid=18

★↓高速道路ドライブは、こちらもどうぞ↓★

四国宇和島まで完成した高速道路−「神戸−宇和島」全線350km−

北九州へ山陽道の長距離ドライブ−GWの高速道路は大渋滞−


ブログトップページはこちら

Comment
初めまして。
鉄道沿線を歩くというブログをやっていますが、
次の記事を書くにあたって、
いそしずさんの道場〜武田尾間の記事も参考にしております。
引用等はまったくしていませんが、参考資料としてあげさせていただきたいので、よろしくお願いします。
なお、記事のアップは、明日の予定です。
こもよみこもち様
コメントを頂き、ありがとうございます。また、当方の記事を参考にして頂き、ありがとうございました。参考での表示や、リンクなどは、自由にして頂いて問題ございません。
全国津々浦々、各地を訪ね歩かれた、魅力的な内容のブログ記事、楽しく拝見させて頂きました。当方の記事を参考にして頂き、恐縮でございます。こちらこそ、よろしくお願い致します。
テーマなど似ている部分もあるかと思います。今後ともよろしくお願い致します。





   
この記事のトラックバックURL : http://mainblog.iso4z.com/trackback/20

カウンター

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

スマホ版で表示する

トップページに戻る

Profile

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 残されていた幻の新岡山駅建設構想−弾丸列車計画と岡山臨港鉄道の軌跡−【第弐部・第一章】
    たく
  • 兵庫県内の弾丸列車ルート【まとめ】と広島に残る弾丸列車建設の痕跡【第二部・番外編】
    いそしず
  • 残されていた幻の新岡山駅建設構想−弾丸列車計画と岡山臨港鉄道の軌跡−【第弐部・第一章】
    おく
  • ラグビー・花火のコラボで頑張る女子プロ野球・兵庫ディオーネ×埼玉アストライア【ほっともっとフィールド神戸】
    ラーメンまん
  • 兵庫県内の弾丸列車ルート【まとめ】と広島に残る弾丸列車建設の痕跡【第二部・番外編】
    DMSO-d6
  • 神戸市須磨区の板宿本通商店街周辺散歩−いたやどかりちゃんは今−
    まるかまき
  • 2017年初詣・養父神社とハチ高原スキー場・新春花火大会
    いそしず
  • 2017年初詣・養父神社とハチ高原スキー場・新春花火大会
    ころぼっくる
  • たかがお土産、されどお土産−各地で氾濫する恋人シリーズ【第3弾】−
    いそしず
  • たかがお土産、されどお土産−各地で氾濫する恋人シリーズ【第3弾】−
    10

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM