中国地方に網の目のように広がるJRのローカル線。山陽と山陰を結ぶ、陰陽連絡線として重要な役割を担っている一部の線区を除き、その大半は優等列車の運転もなく、普通列車が1日数本走るだけの、超閑散路線となっています。先日、そのような中で廃止が発表され、風前の灯となったJR三江線を訪ねましたが、その三江線からもほど近い浜田市には、現在の鉄道路線図にはない別の陰陽連絡線構想が存在していました。広島県広島市と島根県浜田市を結ぶ、広浜(こうひん)線構想です。

上図は、広島県と島根県付近の鉄道路線図(図1)です。広島と浜田を結ぶ鉄道建設構想には、かなり古い歴史があり、昭和初期には広浜(こうひん)鉄道という私鉄が、すでに広島市内に存在していました。一方、国の方でも1927年(昭和2年)には広浜線の建設計画が決定され、1933年(昭和8年)には広島側から可部−加計、浜田側からは下府(しもこう)−石見今福の建設を開始。国鉄広浜線のルートと重なる私鉄の広浜鉄道は、1936年(昭和11年)に国に買収され、これが現在の可部線となりました。下府から石見今福への工事は、資材不足に悩まされながらも順調に進み、1940年(昭和15年)までには、ほぼ路盤が完成していきます。

★↓図をクリックすると拡大表示します↓★

※この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものを利用しています。利用の目的第8項、サイズ規定5枚までの1枚に該当。

上図は、図1の浜田付近の拡大図(図2)です。1940年(昭和15年)には下府駅から石見今福まで、鉄道路盤が完成したものの、戦争の影響もあり、その後の動きは戦後まで待たなくてはならないことになります。広島側の可部線は、1954年(昭和29年)に加計まで延伸、1961年(昭和36年)には三段峡へ向けての工事が始まり、1969年(昭和44年)には完成して、そのまま可部線として営業を開始しました。残る三段峡−石見今福も1965年(昭和40年)には工事を開始、1976年(昭和51年)予定とされた全線開通に向けて大きく動き出しました。しかし、ここで戦前に完成し、早くも老朽化が進んでいた下府−石見今福の路盤を捨て、浜田−石見今福を直線的に結ぶというルート変更案が持ち上がります。1969年(昭和44年)には、このルート変更案は正式に承認され、浜田−石見今福の新線建設もスタート。これが今福新線です。

こうして石見今福には、30年ほどの間を置いて、新旧2つの今福線が建設されることになりました。今回は、この石見今福駅予定地から、この新旧2つの今福線と、そして下府駅までの今福旧線をたどって、この広浜線(今福線)の模様を見てみたいと思います。

ということで、石見今福駅建設予定地(1番地点)です。JAの建物が建っているのが見えました。敷地はかなり広く、ここに駅が出来た時の様子を、思い浮かべることが出来そうな雰囲気となっていました。

そして石見今福駅予定地から浜田方面へ少し。県道から分岐するように分かれる脇道を入ったところに見えてきたのが、こちらの橋梁です。

橋には、今福橋梁の銘板が残されていました。1970年(昭和45年)の完成です。これは浜田へのルート変更直後の着工であり、今福新線用として建設されたもの。この辺りは今福旧線の路盤と重なるように、今福新線の工事が進められました。

そして細い道路となった今福新線の路盤をたどると、前方にトンネルが見えてきました。

トンネル前には、幻の広浜線鉄道という案内板もあり、これが広島と浜田を結ぶ予定の鉄道建設跡であることが、丁寧に解説されています。

今福新線として建設された下長屋隧道(1,633m)(3番地点)です。1975年(昭和50年)に完成しました。

トンネルには、かなり古びた銘鈑が。少々、見にくくなっていましたので、少し画像処理してみました。昭和48年11月30日に工事着手、昭和50年8月28日に竣工(完成)の日付が、はっきりと読めました。

1,633mという長いトンネルですが、出口まで一直線。

1.6km先の、出口の光が見えました。

こちらはトンネル付近から、石見今福方向を振り返ったところ。石見今福駅予定地へと続く今福新線、一直線の路盤跡です。

一方、先ほどの今福橋梁付近から、左手へ分岐するように分かれる、もう1本の細道がありました(2番地点)。こちらが戦前までに建設された今福旧線です。

建設の時代が古いせいか、こちらは曲線が多くなっています。

県道を横切って、さらに先へ。(4番地点)

左カーブする今福旧線の路盤跡。

山が近付いたところで、舗装道路は途切れ、鉄道路盤のままの道となりました(5番地点)。この先に第6今福隧道(45m)があり、立ち入り禁止となっています。

県道を迂回して、反対側(6番地点)から、今度は石見今福方面へと進んでみます。

1937年(昭和12年)に完成した、4連アーチとなっている眼鏡橋(おろち泣き橋)が途中にありますが、上を走っていたのでは全体を見ることはできません。山に向かって左カーブする今福旧線・・・今福旧線はカーブが非常に多く、この線形では、仮に開通したとしても、陰陽連絡を担った列車が高速で走ることは不可能だったと思われます。

7番地点には、小休憩のスペースと、今福新線・今福旧線を詳細に案内したマップが設置されていました。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

石見今福からの位置関係部分を拡大すると、こんな感じです。

そして、さらに8番地点へ。

前方に、これまでとは違う、立派なコンクリート橋が見えてきました。右側から、細く伸びる未舗装の路盤が今福旧線。そして左手前方のコンクリート橋は、今福新線です。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

山の中に伸びる、幹線鉄道並みの立派な今福新線の築堤(8番地点)。今にも特急列車が走り抜けていきそうな風景です。この地点では、今福旧線と今福新線が絡み合うように並行しており、この地の鉄道建設計画の変遷を、とてもよく現している区間。一度も列車が走ることなく放置され続けている姿は、時代の流れとは言え、もったいなさを感じずにはいられません。

そして離れた場所から、先ほど通った今福旧線の眼鏡橋(おろち泣き橋)も見えました。広島と浜田を結ぶ目的で計画され、資材不足に悩まされながらも、昭和15年には路盤が完成した今福旧線。しかし陽の目を見ぬまま長年放置され、生かされることなくルートは変更、昭和44年から工事は今福新線へ。

しかし時すでに遅し・・・その今福新線にも、まもなく受難の時が訪れることになります。次回は、この今福旧線を山陰本線下府駅までたどりながら、果たせなかった陰陽連絡の役割と、地域に与えた影響について、もう少しだけ見ていきたいと思います。以下、後編に続きます。

★↓続編(後編)は、こちらをどうぞ↓★

浜田市に残る陰陽連絡鉄道の夢の跡−紆余曲折に消えた幻の国鉄今福線−【後編】

ブログトップページはこちら

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://mainblog.iso4z.com/trackback/41

カウンター

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

スマホ版で表示する

トップページに戻る

Profile

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 兵庫県内の弾丸列車ルート【まとめ】と広島に残る弾丸列車建設の痕跡【第二部・番外編】
    いそしず
  • 残されていた幻の新岡山駅建設構想−弾丸列車計画と岡山臨港鉄道の軌跡−【第弐部・第一章】
    おく
  • ラグビー・花火のコラボで頑張る女子プロ野球・兵庫ディオーネ×埼玉アストライア【ほっともっとフィールド神戸】
    ラーメンまん
  • 兵庫県内の弾丸列車ルート【まとめ】と広島に残る弾丸列車建設の痕跡【第二部・番外編】
    DMSO-d6
  • 神戸市須磨区の板宿本通商店街周辺散歩−いたやどかりちゃんは今−
    まるかまき
  • 2017年初詣・養父神社とハチ高原スキー場・新春花火大会
    いそしず
  • 2017年初詣・養父神社とハチ高原スキー場・新春花火大会
    ころぼっくる
  • たかがお土産、されどお土産−各地で氾濫する恋人シリーズ【第3弾】−
    いそしず
  • たかがお土産、されどお土産−各地で氾濫する恋人シリーズ【第3弾】−
    10
  • 四国に残る唯一の廃止路線の鉄路−廃線ウォークで蘇る旧内子線−【後編】
    いそしず

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM