兵庫県宝塚市。六甲山系の東の端に位置し、武庫川の流れが美しい風光明媚な街です。手塚治虫の出身地であり、宝塚歌劇でも知られ、かつては遊園地の「宝塚ファミリーランド」も有名でした。その宝塚の公式(正式?)な表示を気にしている方は、あまりいませんし、こうしてパソコンで入力していても気に留めることもなく「塚」の字が出てきますが、実は宝塚の塚は、点を付けるのが公式となっています。
宝塚市の「塚」の字は、右側の字が正解。点が付いている方を公式表示としています。これは「塚」の旧字体。住所を書くときに、意識して点を付けている人は少ないのではないでしょうか。旧字体を使用している自治体はそう多くはありませんが、関西では他に奈良県「五條市」があります。五條市では「五條」を正式として「五条」の表記は認めておらず、五条市と書く人はまずいないようです。ただJRの駅は「五条駅」となっており、一部に混乱が。五條市ですら、そういった感じですから、点が「あるか、ないか」だけの宝塚市はもっと混乱しそう。果たして、実際の街の様子は、どうなっているのか。今回は宝塚市を訪ねてみることにしました。
ということで、宝塚市内にやってきました。こちらは宝犹坩釦啝1丁目の交差点。伊孑志(いそし)の「孑」は子供の「子」と違って、はねるように書く別の漢字。こちらも書き間違いやすい地名ですね。私事ながら、私のハンドルネーム(いそしず)の名の由来の1つとなっていますので、紹介しておきたいと思います。閑話休題。
ということで改めまして、阪急宝塚駅です。こちらの爐蓮ΑΑΩ事に「点あり」表示となっていました。歌劇団など宝塚に縁の深い阪急だけあって、さすがに公式表示通りですね。
一方、すぐ隣に位置するJR宝塚駅。こちらの爐蓮崚世覆掘廖ΑΑΑさすが五條市で「五条駅」としているJRだけあって、点は付けてくれていません。市を代表する駅ながら、阪急とJRで早くも大きな違いが出てしまいました。
駅の近くで宝塚の表示を探してみます。こちらは阪急宝塚駅の自転車置き場の案内板。ちゃんと点が付いています。
自転車置き場の入口。こちらの爐了は・・・
点ありです。印刷ではないのに、しっかりと作っていますね。
すぐ横の観光案内所。こちらは残念ながら「点なし」です。
郵便局は・・・点あり。
町の住所表示板も、点あり。
市の関連物や、郵便局、そして阪急など、点ありでちゃんと統一されていますね。阪急百貨店も、ちゃんと点あり。宝塚市が「点あり」を公式表示としている以上、街の中にも、その表示はしっかり浸透している感じ。・・・に見えたのですが・・・。
阪急バス・・・。
うーん、阪急電鉄の目の前で、まさかの点なし。
そしてこちらは、阪急宝牘愾阿琉篤眸帖
まさかまさかの、こちらも点なし。駅には付けてたのに・・・一体なぜ。阪急さん・・・。
周辺施設も・・・。もうダメ・・・。
ついでに、手塚治虫の表示まで点なし。。。
しかし、道路に建つ案内板は、ちゃんと点あり。
なのに、なぜか上を見ると、点なしに。
「宝塚はな回廊」は点あり。なのに下に貼ってある「宝塚市きずなの家」は点なし。点あり、点なしの異色のコラボ。
歌劇団のグッズを扱うお店・・・点なし。
阪急系列の大劇場とはいえ、まあこちらは商店ですからね・・・。
その宝塚大劇場のポスター。
あれ・・・点がない・・・。
そんな、まさか阪急さん。
オーマイガッ・・・オー・ノー。
宝塚駅では公式表示にしてくれていたのに・・・。
看板の宝塚大劇場が・・・、
なぜ・・・。
ちょっと大げさでしたが、大劇場前の案内板は、点あり。
うーん、公衆電話は点なし。
マンホールも点なし。
道路標識、点あり。
こっちは点なし。
もはや、混沌、カオスというべき、点あり点なしの状況が現地には生まれていました。もうどちらでもいいという感じですね。これでは統一するのは、ほぼ無理のようです。
ということで、1つの案内表示にも、点あり、点なし。
想像以上の混在ぶりに驚いた、右往左往の宝塚市内散策でした。
★↓宝塚市と阪急電車の話題は、こちらもどうぞ↓★

Comment
こんにちは!
しょっちゅう宝塚には行ってますが、これにはまったく気が付いていませんでした!点のある「塚」の字があったなんて目からウロコです。
僕も苗字に「真」と言う字が入るのですが、子供のころから3回字体が変わって行きましたからね。
漢字は昔の方が漢字らしくていいと僕個人は思うんですけどね。
でもこうやって記事を拝見してみると、点が付く付かないは、会社としての決定がある訳じゃなくその時々のサインや標識を作る担当者レベルの様ですね。
でもひとつの看板で字が違うってのも・・・考えものですよね!
  • よう
  • 2016/02/19 11:37
ようさん、こんにちは。
宝塚の塚の字の混乱ぶりは、想像以上でした。同じ阪急電鉄内でも、バラバラのようですから、会社レベルで決めているとは考えにくいですね。道路標識も違いがありましたし、同じ案内板でも違うというのは、ちょっと驚きを通り越して、唖然としてしまいました。
公式表示で点付きの旧字体を守っているので混乱しているとは思いますが、できる部分は統一して欲しい気もします。同じ問題は、芦屋市でも抱えているようで、草かんむりの下が「戸」になってしまっている表示が多くなっているようです。こちらも、また調査したいと思います^^





   
この記事のトラックバックURL : http://mainblog.iso4z.com/trackback/9

カウンター

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

スマホ版で表示する

トップページに戻る

Profile

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 兵庫県内の弾丸列車ルート【まとめ】と広島に残る弾丸列車建設の痕跡【第二部・番外編】
    DMSO-d6
  • 神戸市須磨区の板宿本通商店街周辺散歩−いたやどかりちゃんは今−
    まるかまき
  • 2017年初詣・養父神社とハチ高原スキー場・新春花火大会
    いそしず
  • 2017年初詣・養父神社とハチ高原スキー場・新春花火大会
    ころぼっくる
  • たかがお土産、されどお土産−各地で氾濫する恋人シリーズ【第3弾】−
    いそしず
  • たかがお土産、されどお土産−各地で氾濫する恋人シリーズ【第3弾】−
    10
  • 四国に残る唯一の廃止路線の鉄路−廃線ウォークで蘇る旧内子線−【後編】
    いそしず
  • 四国に残る唯一の廃止路線の鉄路−廃線ウォークで蘇る旧内子線−【後編】
    まさる
  • 全通から41年、廃止へのカウントダウン・・・風前の灯となったJR三江線
    いそしず
  • 古き鉄道時代の面影を残す悠久の旅路−大井川鉄道・かわね路号−
    いそしず

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM